振り飛車党!美濃囲い派!

将棋ウォーズの実践から、定跡や好手をアップしていきます。戦型は三間飛車と四間飛車がメインです!

右四間飛車に四間飛車で対抗~まずは受けの駒組みをする~

将棋ウォーズ・10分切れ負け(先手番)
戦型:自分 四間飛車(美濃囲い)
   相手 右四間飛車(エルモ囲い)

※相手の方のIDは見えないように編集してます。


対局開始!
f:id:akakuma4190:20201011170220j:plain
私の先手番ということで
▲7六歩→△3四歩→▲6六歩→△6二銀
→▲7八銀→△6四歩
と進み図1の局面になりました。


図1
f:id:akakuma4190:20201011170301j:plain
 最近は飛車を振るのを、ギリギリまで保留することが多いです。雁木の可能性も残しつつ、相手の方の作戦を見極めてから飛車を振る筋を決めてます。
 棒銀なら三間飛車に。右四間飛車なら四間飛車に。相振り飛車なら向かい飛車に直接振るようにしてます。飛車を振り直す手を省いて1手得をしようというわけです。
 上の図では相手の方は、飛車先の歩を突かずに6筋の歩を伸ばしてます。右四間飛車の可能性が高いのかな?

ここから
▲6七銀→△6三銀→▲7七角→△4二玉
→▲6八飛
と進み図2の局面になりました。


図2
f:id:akakuma4190:20201011170314j:plain
 相手の方が玉を移動させたので、私も飛車を振り、玉を移動させる準備をします。いつもの美濃囲いに組みたいところです。

ここから
△3二玉→▲4八玉→△4二銀
→▲3八玉→△3一金
と進み図3の局面になりました。


図3
f:id:akakuma4190:20201011180003j:plain
 相手の方はエルモ囲いです。エルモ囲いは強敵です。居飛車が振り飛車に対抗する囲いとしては、かなり有力な囲いだと思います。

ここから
▲2八玉→△5一金→▲3八銀
→△7四歩→▲9八香
と進み図4の局面になりました。


図4
f:id:akakuma4190:20201011180054j:plain
 相手の方のエルモ囲いに対して、私は片美濃ですが、▲9八香を先に指しました。
 右四間飛車から攻撃されると、△9九角成りとされるのは避けられません。角が成られた時に香車を取られないよう、あらかじめ逃げておく手です。定跡本に載ってますね♪



●エルモ囲いは相当優秀

 居飛車が振り飛車に対抗する場合、エルモ囲いは相当優秀だと思います。
 短手数で組み上がるうえ、横からの攻めに強い!上部が薄いですが、振り飛車は美濃囲いに組むことが多いので、上部から攻撃が来ることは少ないです。
 振り飛車が、エルモ囲いを上部から攻撃しようと思った場合どうするか?

1.飛車を転回する

 序中盤は飛車を受けの要に使うことが多いので、これは難しい。「振り飛車は攻められた筋に飛車を振る」のが定跡になってるし。


2.高美濃に組んで右の桂馬を使う

 高美濃に組んでる間に、左側を攻撃されてしまいます。矢倉や穴熊と比べて短手数で組み上がるのが、エルモ囲いのメリットでしょう。


 堅いうえに短手数で組み上がるエルモ囲いと、破壊力抜群の右四間飛車は、最強の組み合わせかもしれません。



将棋のヒットブログはこちら♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

趣味の大人気ブログ♪
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

相振り飛車~飛車と馬で挟み撃ち~

将棋ウォーズ・10分切れ負け(先手番)
戦型:自分 向かい飛車(美濃囲い)
   相手 四間飛車

※相手の方のIDは見えないように編集してます。


前回の最終図
f:id:akakuma4190:20201011122507j:plain
 相手の方の角打ちに対して、私が角を打ち返した局面です。

ここから
△7七角成り→▲同角成り→△6二玉
→▲3四銀→△7一玉→▲4三銀成り
→△8二玉→▲5三成銀→△6五歩→▲8二飛

と進み図1の局面になりました。

 △7七角成りという手は、おそらく相手のウッカリと思われます。結果として角桂交換になり、大きく駒得しました。


図1
f:id:akakuma4190:20201011122807j:plain
 相手玉を飛車で睨みつつ、成銀がにじり寄る展開です。駒得が大きいので、速い攻めより確実な攻めを心掛けました。

ここから
△9四歩→▲6三成銀

と進み図2の局面になりました。


図2
f:id:akakuma4190:20201011122821j:plain
 銀を取ってさらにリードを広げた局面です。もちろん相手の方は私の成銀を取ることはできません。2二の地点に打った飛車が輝いています。

ここから
△7九飛→▲5五馬
と進み図3の局面になりました。


図3
f:id:akakuma4190:20201011122836j:plain
 相手の方は飛車を打って私の馬を攻めてきましたが、5五馬として相手玉を睨む形を作ることができました。飛車と馬の両方に睨まれて、相手は万事休す。



●相振り飛車ではどんな囲いが良い?

・美濃囲い

 振り飛車と言えば美濃囲い。相手が四間飛車の場合はアリのようです。ただし、高美濃に組むのは良くないようですね。低い陣形で構えた方が、相手の攻撃が来るまでに時間がかかるから。


・金無双

 自玉と相手の飛車が向かい合う形になるので、上からの攻めに強い金無双が有力と言われていますね。


・右矢倉

 上からの攻めに強い矢倉も有力です。ただし組み上がるまでに手数がかかってしまうのが難点。矢倉を組んでいる間に先行して攻撃され、そのまま攻め倒された経験が何度もあります。
 石田流と相性が良いと言われています。相手の浮き飛車に対して、徐々に陣形を盛り上げて、相手の飛車を圧迫できると、有利になるようです。



この本で三間飛車の勉強をしてます♪

将棋のヒットブログはこちら♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

趣味の大人気ブログ♪
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

相振り飛車~飛車で相手玉を睨む~

将棋ウォーズ・10分切れ負け(先手番)
戦型:自分 向かい飛車(美濃囲い)
   相手 四間飛車

※相手の方のIDは見えないように編集してます。


前回の最終図
f:id:akakuma4190:20201007020015j:plain
 相手の方が角交換を狙ってきた局面です。▲6六同角に△6六同歩と、歩を伸ばされるのはイヤだったので、▲6五飛と回り図1の局面に進みました。


図1
f:id:akakuma4190:20201007020044j:plain
 相手の方は△7七角とするしかなくなりました。△7七角に▲7七同桂とすれば、角を取りながら桂馬を跳ねることができます。

ここから
△7七角→▲同桂
と進み図2の局面になりました。


図2
f:id:akakuma4190:20201007020130j:plain
 狙い通り桂馬を跳ねることができました。

ここから
△6四歩→▲4五飛
と進み図3の局面になりました。


図3
f:id:akakuma4190:20201008213830j:plain
 飛車交換をしつつ銀を前進させたい。

ここから
△4五飛→▲同銀→△8八角
と進み図4の局面になりました。


図4
f:id:akakuma4190:20201008213855j:plain
 角を打たれてしまいました。桂馬と香車の両取りですね。ここは「両取り逃げるべからず」の格言通り逃げるのはやめましょう。

▲2二角と打ち返し図5の局面になりました。


図5
f:id:akakuma4190:20201008214004j:plain
 お互いに角を打ち、香車を取り合う展開になるのでしょうか。お互いに玉は堅いわけではないので、馬ができると寄せ合いになりそうです。金得をしてるのは優位な点ですが、油断はできません。



●どうやって相手の玉に迫るか?

 攻め方は2通りありそうです。1つめは▲3一角成りから▲3二飛車と打つ。
 もう1つは、▲6五歩→△同歩→▲6四歩と叩く手が浮かびます。
▲6四歩に対して△同銀ときたら▲7五金と打って銀を剥がしつつ、歩を前進させる。
 私の好みは後者ですね。


この本で三間飛車の勉強をしてます♪

将棋のヒットブログはこちら♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

趣味の大人気ブログ♪
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村