振り飛車党!美濃囲い派!

将棋ウォーズの実践から、定跡や好手をアップしていきます。戦型は三間飛車と四間飛車がメインです!

右四間飛車で矢倉攻略を目指す ~居角左美濃への駒組み~

 こんにちは。「みのくま」です。前回に続き振右四間飛車をお伝えします。今回の相手は矢倉になります。かなり定跡に近い形になりました。

将棋ウォーズ・10分切れ負け(後手番)
戦型:相手 矢倉
   自分 右四間飛車(左美濃)

※相手の方のIDは見えないように編集してます。
※私が後手番ですが、盤面を反転させてます。
(符号は正規の符号で記してます)


対局開始!
f:id:akakuma4190:20201224050303j:plain

開始図から
▲7六步→△8四步→▲6八銀→△3四步
→▲6六歩

と進み図1の局面になりました。

図1
f:id:akakuma4190:20201224051034j:plain
 相手の方は角道を止めて来ました。▲7七銀ときたら矢倉かな?と想像できますが、この段階では相手の方の戦型は判断できません。
 ▲7七銀としてくれば矢倉。▲7七角から▲6七銀として雁木か?もしくは、飛車を振ってくる可能性もあります。

ここから
△6二銀→▲4八銀→△6四歩→▲7七銀
と進み図2の局面になりました。


図2
f:id:akakuma4190:20201224050332j:plain
 相手の方は矢倉っぽいですね。ならば、居角左美濃急戦から右四間飛車で速攻を仕掛けましょう。矢倉は手数がかかる囲いなので、矢倉が組み上げる前に仕掛けて先行したい!

ここから
△4二玉→▲7八金→△3二銀→▲5八金
→△3一玉
と進み図3の局面になりました。


図3
f:id:akakuma4190:20201224050407j:plain
 まずは左美濃を組み上げている局面です。相手の方は飛車先も伸びてなく、玉も居玉のままです。
 相手の角道も通ってないので、安心して△3二銀と上がることができました。相手の角道が通ってたら、△3二銀とした瞬間に角を取られてしまいます。左美濃を組む時は、相手の角道を必ず確認ですね!
 ちなみに「居角左美濃急戦!」のエフェクトも出ました(笑)

ここから
▲6七金→△6三銀→▲5六歩→△5二金
と進み図4の局面になりました。


図4
f:id:akakuma4190:20201224062449j:plain
 私の左美濃が、ほぽ完成したのに対して、相手の矢倉は金銀の駒組みはできてますが、玉が城の外にいます。
 短手数で組み上げるのが、美濃囲いの魅力の1つです。と同時に、私が美濃囲いを好む最大の理由でもあります。

ここから
▲7九角→△7四歩→▲9六歩→△9四歩
→6九玉→△1四歩
と進み図5の局面になりました。


図5
f:id:akakuma4190:20201224060141j:plain
 私の左美濃は完成し、ここから攻めの駒組みを進めます。
 ちなみにこの局面では、▲4六角と出られてから、▲6五歩なんて突かれるとイヤですね。ウッカリ△6五同歩なんて取ってしまうと、角で飛車を取られてしまいます!

ここから
▲1六歩→△7三桂→▲8六銀→△5四銀
→▲5七銀→△6二飛
と進み図6の局面になりました。


図6
f:id:akakuma4190:20201224060201j:plain
 私の駒組みは完成し、いつでも戦いを起こせる状態です。
 相手の方は、▲5七銀と上がったため、▲4六角という切り返しの手が消えてます。助かりました。


⚫初心者にも指しやすい戦型です

 居角左美濃から右四間飛車は、初心者にも指しやすい戦型だと思います。短手数で組み上がる左美濃と、飛車・角・銀・桂馬を自然に使える攻め方は破壊力抜群。

 デメリットとしては、みえみえの攻め方ってことですかね。あと定跡も整備されてるので、正確に受けられてしまうと、必ずしも優位になるわけじゃない。ってところでしょうか。
 左手美濃に関しては、角道を開けてる分、振り飛車の美濃囲いよりもろいのかな?

 戦型の相性としては、四間飛車や矢倉に対して、相性が良いと思います。私は、相手が振り飛車の時に用いることが多いです。逆に居飛車に対しては飛車を振ることが多いので、本局は珍しいパターンになります。

 次回は仕掛けになります。矢倉に対して、定跡に近い流れになりましたので、参考になれば幸いです。



将棋のヒットブログはこちら♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

振り飛車党が右四間飛車にチャレンジ! ~右四間飛車で藤井システムを攻略~

将棋ウォーズ・10分切れ負け(後手番)
戦型:相手 四間飛車(藤井システム)
   自分 右四間飛車(左美濃)

※相手の方のIDは見えないように編集してます。
※私が後手番ですが、盤面を反転させてます。
(符号は正規の符号で記してます)


前回の最終図
f:id:akakuma4190:20201217232912j:plain
 飛車が走った局面です。相手の方は▲6五同飛車とはできませんね。私の馬が相手玉を睨んでます。相手の方はどう対応してくるでしょうか?

図1
f:id:akakuma4190:20201220133004j:plain
 ▲6三銀と打ってきました。無視して、△6七桂と打って王手するか?△4六桂と打って金銀の両取りをかけるか?それとも△5五飛車として桂馬を払うか?
 いろいろかんがえましたが、素直に△6三同金としました。優勢になってると判断したので、慌てて攻め合う必要はない。丁寧に対応しようと考えました。

ここから
△6三同金→▲同桂成り→△同飛車
と進み、図2の局面になりました。


図2
f:id:akakuma4190:20201220133020j:plain
 相手の方の持ち駒は金と歩だけ。飛車は動けない状態なので、怖い攻めはなさそうです。
 左辺に逃げられるのは避けたいところでしょうか?美濃囲いの中に入られたら厄介です。できれば金を1枚剥がしたいところ。

ここから
▲6四歩→△同飛車→▲4八玉
と進み、図3の局面になりました。


図3
f:id:akakuma4190:20201220133044j:plain
 相手の方は玉の早逃げです。やはり角道から逸れないと、勝負になりませんよね。


図4
f:id:akakuma4190:20201220133055j:plain
 いよいよ勝負!と思い、馬を切りに行きます。


図5
f:id:akakuma4190:20201220133115j:plain
 相手の方は、同金の一手。


図6
f:id:akakuma4190:20201220133126j:plain
 私は飛車を成り込み王手をかけます。と、ここからは私が一方的に寄せる展開になりましたので、ここまでにします。



●感想

 くどいようですが、右四間飛車は優秀な作戦だと思います。飛車・角・銀・桂馬が連動し、一気に襲いかかる攻めは本当に凄い!
 今回、相手の方は藤井システムで居玉だったため、攻めた勢いそのままに、こちらの攻撃が相手玉を直撃。
 相手の方が美濃囲いに囲ってたら、もっと苦労したと思います。振り飛車党なら、右四間飛車に対しては美濃囲いに囲うのが得策でしょう。片美濃でいいから、自玉を戦場から遠ざけることが大切と実感しました。

 

将棋のヒットブログはこちら♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

振り飛車党が右四間飛車にチャレンジ! ~右四間飛車からの仕掛けで四間飛車を攻略~

 こんにちは。「みのくま」です。今回は右四間飛車からの仕掛けをお見せします。振り飛車党の私が上手く攻められるのか?珍道中になるのか?(笑)

将棋ウォーズ・10分切れ負け(後手番)
戦型:相手 四間飛車(藤井システム)
   自分 右四間飛車(左美濃)

※相手の方のIDは見えないように編集してます。
※私が後手番ですが、盤面を反転させてます。
(符号は正規の符号で記してます)


前回の最終図
f:id:akakuma4190:20201212165523j:plain

 私が△6五步と仕掛けた局面です。振り飛車側の対応としては、▲同歩、▲同銀、▲同桂と3通りの取り方があります。
 もしくは▲8五桂として、桂馬を取ってくるか?

図1
f:id:akakuma4190:20201217130335j:plain
 相手の方は▲6五同歩としてきました。この1手で私の角道が貫通ました。
 △6五同銀は枚数で負けてます。


図2
f:id:akakuma4190:20201217130422j:plain
 私が指したのは△7七桂成り。飛車角両取りです。私の攻撃が突き刺さった感じです。


図3
f:id:akakuma4190:20201217130454j:plain
 相手の方は▲7七同角と対応してきましたが…


図4
f:id:akakuma4190:20201217130511j:plain
 △7七同角成りとしました。間接的ですが、王手飛車取りがかかりました。ここから、馬のラインで攻めていきたいところです。

ここから
▲5五桂→△6五銀
と進み図5の局面になりました。


図5
f:id:akakuma4190:20201217232349j:plain
 桂馬、角に続いて、5四に腰掛けていた銀が出動です。


図6
f:id:akakuma4190:20201217232842j:plain
 相手の方は▲6五同銀としてきました。


図7
f:id:akakuma4190:20201217232912j:plain
 △6五同飛と走ります。もちろん、▲6五同飛車とはできません。馬が玉を睨んでます。


●ここまでの形勢

 駒割りは私の角得。
 玉の堅さは、私の左美濃は安泰。相手方の玉は金銀は美濃囲いを組んでますが、居玉なのが痛いですね。しかも、玉のすぐ近くで戦いが起こってます。
 駒の働きを見ると、攻め駒が綺麗にさばけたかな?と思います。攻めは飛車・角・銀・桂馬という理想通りの攻めがてきたと思います。


●右四間飛車は優秀な作戦です!

 ここまで、かなり有利に展開できました。ほぼ一方的に攻めてます。これは、私の実力ではありません!右四間飛車という作戦が優秀なのです!
 どんな所が優秀かと言うと、飛車、角、銀、桂を自然に使うことができるんです。攻めの理想は「飛車・角・銀・桂」なんて言いますが、うまく行かないことありませんか?
 ちなみに、振り飛車党の私は、左の桂馬が置いてけぼりになる傾向があります(笑)
 ちなみに囲いですが、左美濃かエルモ囲いに組むのが良いのかな?と個人的には思います。

 次回は、この続きをもう少しだけお見せして、右四間飛車は最終回としたいと思います。


将棋のヒットブログはこちら♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村