振り飛車党!美濃囲い派!

将棋ウォーズの実践から、定跡や好手をアップしていきます。戦型は三間飛車と四間飛車がメインです!

将棋ウォーズ 三間飛車 対 矢倉

ご挨拶

 はじめまして。この度、ブログを始めます「みのくま」と申します。よろしくお願いします。将棋ウォーズの対戦結果をメインに更新していければと思います。

 

将棋歴

 小学生の頃に流行った際に覚えました。クラスで3~4番目ぐらいの強さでした。これが、私の棋力です(笑)典型的な級位者です。

 

戦型

 振り飛車党です。四間飛車と三間飛車がほとんどです。囲いは、美濃囲いがほとんど。状況により、銀冠に発展させることもあります。では、私の「将棋ウォーズデビュー戦」をお伝えしたいと思います。

 

 

将棋ウォーズ・10分切れ負け(先手番)

戦型:自分 三間飛車 相手 矢倉

 ※相手の方のIDは見えないように編集してます。

 

図1
f:id:akakuma4190:20200504105431j:image

 先手番になった私は、早々に飛車を振り三間飛車に。対して相手の方は矢倉模様。振り飛車に対して矢倉とは珍しいなあと思いつつ、美濃囲いの完成を急ぎます。

 

図2
f:id:akakuma4190:20200504105308j:image

 私の美濃囲いはひとまず完成。高美濃への発展も考えましたが、相手の方の矢倉が未完成。5二の金が浮いているので、仕掛けることにしました。4六角と出る手と迷いましたが、まずは飛車先の歩の交換を目指します。

 

図3
f:id:akakuma4190:20200504105317j:image

 飛車先の歩を交換した後7六へ飛車を引き、石田流のような形へ。相手の8六歩という手を飛車で受けることができます。角を4六へ上げる準備が整いました。

 

図4
f:id:akakuma4190:20200504105335j:image

 待望の4六角。飛車取りです。受け方としては7三歩でしょうか。受けたとしても、次の7四歩という攻めが厳しそうです。

 

図5
f:id:akakuma4190:20200504105531j:image

 図4の局面から、執拗に7 三の地点を攻撃。飛車か金が手に入りそうです。六筋の突破も見えて来ました。

 

図6
f:id:akakuma4190:20200504105638j:image

 8筋からの反撃を許しましたが、金銀を手にして、8九にいた桂馬も敵陣に成り込みました。囲いも、相手の方は金銀2枚に対して、私の美濃囲いは金銀3枚。齣割り、駒の捌き、玉形どれをとっても私の優勢に見えました。

 敢えて言うなら、76にいると金の存在が気になるかな。

 

図7
f:id:akakuma4190:20200504105829j:image

  図6から54銀と進めた私に対して、相手の方は67と金と迫ってきました。あれっ?なんかヤバくない?イヤッ!こっちが優勢なんだ。攻め合いだ。詰ませにいくぞ!

 

図8
f:id:akakuma4190:20200504105827j:image

 詰ますぞ~!王手だ!王手だ!王手だ!

 

図9

f:id:akakuma4190:20200505024049j:plain

  図8から10数手後の局面。詰んでいるのは私の玉です。負けました。逆転負けです。私の王手攻撃は駒が足りずに攻めが切れてしまい…デビュー戦負け!

 

●勝負のポイント

 最大のポイントは図6の局面だったと思います。優勢だったのだから、攻めを急ぐ必要はありませんでした。自玉の安全を優先し、6八に歩を打って受けとけばよかった。

 もしくは図7の局面で6七金として、と金を消しておけばよかった。飛車が効いてるので、相手の方は龍で金を取ることはできないですからね。

 一旦受けて、玉の安全を図ってから、飛車で相手の桂馬や香車を拾い、2五桂や2六香などで相手玉の逃げ道をふさげば、駒は足りたでしょう。

 しっかり受けておけば、王手を続けることなく、詰めろで攻めることができてと思います。

 

  「タラレバ」「タラレバ」「タラレバ」

  「タラレバ」「タラレバ」「タラレバ」

 

 後悔先に立たずですね。「勝つ手より負けない手」とは、よく言ったものです。勉強になりました。

 

●矢倉を相手にした感想

 振り飛車を指してると、矢倉を相手にすることは余りありません。振り飛車に対して、矢倉は相性が悪いと言われてますが、私も、そう感じました。

 負けた身なので説得力ないかもしれませんが、序盤から中盤は指しやすかったです。特に、仕掛けから寄せの直前までは、全てうまくいってるように感じました。

 矢倉と美濃囲いでは、囲いが完成するまでの手数に差があります。小さくない差だと思います。手数をかける囲いなら、居飛車穴熊を選択される方が、振り飛車は指しずらいですね。

 舟囲いから急戦調に仕掛けたり、右四間飛車も有力だと思います。あとは左美濃に組まれると指しずらいですね。

 将来的に、私が居飛車を指すとしたら…

 雁木を好みそうですね。あとは左美濃かな。ただ、囲いの中に角がいるのが、違和感ありまくりなんですよね~当分、振り飛車オンリーかな。

 

●将棋ウォーズの戦績と級位

 0勝1敗 30級