振り飛車党!美濃囲い派!

将棋ウォーズの実践から、定跡や好手をアップしていきます。戦型は三間飛車と四間飛車がメインです!

四間飛車 VS 右四間飛車+エルモ囲い~振り飛車に対してエルモ囲いは優秀な作戦~

 こんにちは。「みのくま」です。間が空いてしまいました。今回は私の四間飛車に対して、相手の方がエルモ囲いに組んできました。なかなか手強い囲いですね。

将棋ウォーズ・10分切れ負け(後手番)
戦型:自分 四間飛車(美濃囲い)
   相手 右四間飛車(エルモ囲い)

※相手の方のIDは見えないように編集してます。
※私が後手番ですが、盤面を反転させてます。
(符号は正規の符号で記してます)


対局開始!
f:id:akakuma4190:20200829192925j:plain
上の図から…
▲2六步→△3四步→▲4八銀→△4四步
→▲7六步→△4二飛車→▲6八玉→△6二玉
→▲7二玉
と進み図1の局面になりました。

図1 【振り飛車と居飛車のよくある進行】
f:id:akakuma4190:20200829193653j:plain
 私の指し手は「ザ・振り飛車」という進行です。相手の方も振り飛車に対抗する「ザ・居飛車」という進行です。
 相手の指し手で私が気になったのは、玉の移動を優先させてるのかな?と感じた点です。玉の移動を優先させてるってことは、居飛車穴熊の可能性があるのでは?

「あなたのの囲いは穴熊ですか?」

と確認する手があります。知ってる方も多いと思いますが…


図2 【居飛車穴熊に囲うんですか?】
f:id:akakuma4190:20200829200132j:plain
 私は△9四步と端步を突きました。端步を受けて来れば、急戦とか左美濃の可能性が高い。逆に端步を受けて来なければ穴熊の可能性が高いですね。相手の方はどう来るでしょうか?この手を指すと、いつもドキドキします。できれば穴熊は避けたいですからね~
 相手が穴熊模様なら、玉の移動より先に△9五步と伸ばしたり、△5二金や△7二銀を先に指したいところ。相手の穴熊が組み上がる前に攻撃体制を整えないと!
 逆に端步を突き返して来たら、△7二玉と寄ったり、左辺の駒組を進めたいところです。


図3 【居飛車穴熊じゃないですよ】
f:id:akakuma4190:20200829201021j:plain
▲9六步。しっかりと端を受けてきました。銀冠穴熊の可能性もありますが、とりあえず穴熊の可能性は低くなったと思います。

図3からの進行は
△7二玉→▲6八銀→△3三角→▲7九金
と進み、下の図4になりました。


図4 【相手はエルモ囲いです】
f:id:akakuma4190:20200829211829j:plain
 図を見てわかる通り、相手の方はエルモ囲い。実はエルモ囲いとの対局は初めてです。てか、こんな短手数で組めてしまうのか。私は美濃囲いが完成していません。


⚫対振り飛車でエルモ囲いは有力な作戦


1.短手数で組み上がる

 振り飛車に対して、エルモ囲いは優秀な作戦と思います。図4を見てもらえればわかる通り、私の美濃囲いが完成していないのに対して、エルモ囲いは形になっています。あとは右側の金銀をどのように使うか?私の左銀も全く動けていないです。


2.固さ負けをしない

 船囲いに組む対居飛車急戦に対して、短手数で組み上がる美濃囲いに組んでしまう。そして、左辺の戦いで互角に駒を捌き合えば、玉の固さで優位に立てる。エルモ囲いが相手では、こんな構想を描けません。

3.エルモ囲いはどこから攻める?

 金銀の配置から、上からの攻めに弱そうなのは一目瞭然。ただし上から攻めるには、私の囲いを上部に盛り上げていかなくては!本美濃囲いから高美濃囲いへ?そんな悠長なことをしてられるでしょうか?
 左の銀を斜めに繰り出し、相手の穴熊が玉頭に進出したい。でも、左の銀は出遅れている。


 駒組の段階で「エルモ囲いは手強い」と感じました。正直言ってやりずらいです。対振り飛車対策で、居飛車党の方にオススメです。


この本で四間飛車の勉強をしてます♪