振り飛車党!美濃囲い派!

将棋ウォーズの実践から、定跡や好手をアップしていきます。戦型は三間飛車と四間飛車がメインです!

速攻棒銀で攻められたら? ~反撃の主役は角~

 前回は棒銀を受けたところで終わりました。三間飛車に振って、7五歩と仕掛けられた時に、歩を取らないことが基本になるかと思います。あとは、流れに合わせて受けつつ反撃の機会を伺い。今回は反撃編です。

将棋ウォーズ・10分切れ負け(先手番)
戦型:自分 三間飛車(美濃囲い)
   相手 棒銀(急戦)

※相手の方のIDは見えないように編集してます。


前回の最終図
f:id:akakuma4190:20200906154103p:plain
 棒銀を受けきったかに見える局面ですが、油断はできません。第二波が来る可能性は充分あります。

図1【棒銀の攻撃は続くか?】
f:id:akakuma4190:20200906180119p:plain
 居飛車側は飛車を展開してきました。攻撃の手を緩めるつもりはないようです。そろそろ反撃に出たいところです。


図2【振り飛車の反撃開始】
f:id:akakuma4190:20200906180334p:plain
 ▲6五歩と反撃します。

この局面から
△6五同歩→▲5七角として図3へ進みます。


図3【角を活用した反撃】
f:id:akakuma4190:20200906183006p:plain
 ▲5七角として銀取りです。▲4六角として角成りを見せる手も考えましたが、飛車が動いたのを見計らって…という意味も込めて、銀取りを選択しました。

この局面から


図4【居飛車側の対応】
f:id:akakuma4190:20200906190116p:plain
 相手の方は歩を打って対応してきました。


図5【交わしつつ銀が前進】
f:id:akakuma4190:20200906191112j:plain
 銀取りが掛かりましたが、7筋は無視して6五銀と進みます。居飛車側は△6五に歩を打ったので飛車先が止まりました。


図6【】
f:id:akakuma4190:20200906202618p:plain
 ここで相手の方は角道を開けてきました。9九角成りを見せてますが、ここまで来たら受ける手はなしです。駒の捌き合いを挑むところです。互角に捌き合えば、玉の固さで優位に立てます!

⚫まとめ

 相手の方は角道を開けずに攻撃を続けてきました。。棒銀は飛車と銀の連携で攻める戦法ですが、角道が空いていないため、▲6五歩と指すときも気楽でした。角道が空いてると、居飛車側に角が成るチャンスを与えることになるので、タイミングを計るのが難しい。
 さあ、次回からは駒の捌きと本格的に反撃開始です!



この本で三間飛車の勉強をしてます♪

将棋のヒットブログはこちら♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

趣味の大人気ブログ♪
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村