振り飛車党!美濃囲い派!

将棋ウォーズの実践から、定跡や好手をアップしていきます。戦型は三間飛車と四間飛車がメインです!

引き角戦法を三間飛車で受ける ~端攻めから飛車を捕獲~

将棋ウォーズ・10分切れ負け(先手番)
戦型:自分 三間飛車→向かい飛車(美濃囲い)
   相手 引き角戦法(急戦)

※相手の方のIDは見えないように編集してます。


前回の最終図
f:id:akakuma4190:20200918105140j:plain
 端攻めから歩を使って相手の飛車角を攻め立てることができました。相手の方はどう対応してくるでしょうか?


図1
f:id:akakuma4190:20200918130529j:plain
 相手の方は△9一角としてきました。意外でした。私は△7三金という手を予想してました。


図2
f:id:akakuma4190:20200918130607j:plain
 私は▲8三歩成りとして飛車を取りに行きます。歩を使った攻めが上手く行ってます。


図3
f:id:akakuma4190:20200918130632j:plain
 相手の方は△9四歩として香車を取ってきました。


図4
f:id:akakuma4190:20200918130710j:plain
 ▲7二と!飛車を取り、ここで体勢が決したと思います。駒割りは私の飛車得。私が角を手持ちにしているのに対して、相手の方の角は隠居状態。
 玉の堅さも、私は金銀3枚の高美濃囲いが無傷なのに対して、相手の方は金と銀が1枚ずつ遊んでる状態です。
 相手の方の玉は横からの攻めに弱そうなので、横から飛車を打てば寄り筋に入りそうです。



⚫奇襲攻撃に正統な受け

 嬉野流に代表される引き角戦法は1種の奇襲攻撃ですね。私も攻め倒されることが、結構ありました。どんな風に受ければいいのか?棋譜を見直して検討した結果…

1.素早く美濃囲いに囲う(片美濃でオッケー♪)
2.攻撃されそうな筋に飛車を振り直す
3.受けに回っても反撃の手は常に考える

 どんな奇襲を受けても、結局は振り飛車の基本が大事ということでした(笑)
 居飛車の速攻や奇襲は、玉の囲いが薄いことが多く、下手したら居玉だったりします。美濃囲いの堅さを信じて、左辺は互角に捌けば、自然と優勢になると思います。
 私が気をつけてることは、受け一辺倒にならないこと。反撃の1手は常に意識するようにしてます。反撃の際には角を使うことが多いですね。本局は角交換になったので、手持ちの角を温存して端攻めを敢行しました。



●角交換された時の対応

 振り飛車党なので、自分から各を交換することは余りありません。もちろん角交換をされることはあるわけで、その場合、まずは本局のように角を温存することを考えます。強い駒なので、勝負どころで使いたいからです。
 もちろん、両取りや有効な位置に馬を作れる場合は、積極的に角を打ちますが、まずは盤上の銀や桂馬を活用することを考えます。その方が遊び駒を作らずにすみ、上手く行くことが多い気がします。



この本で三間飛車の勉強をしてます♪

将棋のヒットブログはこちら♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

趣味の大人気ブログ♪
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村